THOMSON REUTERS MACHINE READABLE NEWS ANALYTICS

お問合わせ

THOMSON REUTERS MACHINE READABLE NEWS ANALYTICS

マシン・リーダブル・ニュース・アナリティックスについて
マシン・リーダブル・ニュース・アナリティックスは、特定のニュースに対してミリ秒以内に買い・売り・ホールドのシグナルを提供するために、自動的に分析をします。ニュースに対して記者がどの程度ポジティブ/ネガティブ/ニュートラルに解釈したかを、言語解析学に基づくアルゴリズムが数値化します。このアウトプットは、クオンツ戦略の策定に役立つだけでなく、トレーダーの意志決定やリスク管理の分野においても使用することが可能です。当サービスでは、現在、全世界のおよそ42,000社の企業のニュースをカバーしています。

マシン・リーダブル・ニュース・アナリティックスの利点
マシン・リーダブル・ニュース・アナリティックスは、パートナー企業であるLEXALYTICS社との共同開発製品で、各スコアは言語エキスパートによって数値化された、数万本のニュース記事を検証した結果をアルゴリズム化したものです。マシン・リーダブル・ニュース・アナリティックスには、主要な項目として以下のものがあります。

•   SENTIMENT -それぞれの会社に対するニュースのトーンが、どの程度ポジティブ、ネガティブ、ニュートラルか示します。

•  RELEVANCE - ニュースが、どの程度、特定の企業に関連があるかを表します。

•  UNIQUENESS -指定可能な過去の一定期間中に、ニュースアイテムが配信された回数を示します。

•  HEADLINE -ブローカーアクション、インタビュー、スクープ情報などのへッドラインが記載されます。

利用分野
マシン・リーダブル・ニュース・アナリティックスでは以下の業務分野で利用が可能です。

•  クオンツ分析・トレーディング・クオンツ投資戦略 - 他のクオンツ戦略のファクターにニュース・アナリティックスからのシグナルを追加することによって、更なるアルファの創出を狙うことが可能となります。

•  アルゴリズム取引 - ニュースからのスコアを加えることによって、より精度が高い取引量、ボラティリティ、価格の動きの予測に役立てたり、自動的にサーキットブレーカーを追加することで、現行のアルゴリズム取引戦略の改善に役立てることが可能となります。

•   リスク管理 - ポートフォリオにおける異常なリスクを発見、把握して、それをへッジ戦略の開発へ活かします。

•  ポートフォリオ管理 - ポートフォリオのセンチメントを評価することにより、セクターのウエイトを修正したり、アセットアロケーションの決定プロセスを改善します。

 スコアリングの例  (図をクリックすると拡大します)

お問合わせ