THOMSON REUTERS ENTERPRISE PLATFORM – VELOCITY ANALYTICS

お問合わせ

THOMSON REUTERS ENTERPRISE PLATFORM – VELOCITY ANALYTICS

THOMSON REUTERS ENTERPRISE PLATFORM – Velocity Analytics (TREP-VA)とは
TREP-VAとはリアルタイム及び過去のマーケット・データ、ティックデータを取得、蓄積、管理、分析する包括的な高速エンタープライズプラットフォームです。TREP-VAはミリ秒単位まで短縮された分析が可能で、直近、または事前・事後分析のために、取引所からのティックデータを継続して蓄積します。構築されたアルゴや投資シグナルをユーザーの取引環境にシームレスに統合します。また、Excel, MATLAB,およびS-PLUSといった統計パッケージと統合のためにODBC及びJDBC接続が可能です。

TREP-VAの利用分野

•  プレ・トレード分析
   価格予測、市場インパクトシュミレーション、Relevanceニュースが、どの程度、特定の企業に関連があるかを表します。
•  ストラテジー取引
    ペア・トレーディング、インデックス・アービトラージ、ブラック・ボックス化、イントラディ損益計算
•  ポスト・トレード分析
    TCA、自由に間隔を設定できるVWAP、カスタマイズ・インデックス計算
•  コンプライアンス
    最適取引を検査できるスナップショット、注文状況を過去にさかのぼって再現
•  クオンツ分析(S-PLUS,R,MATLAB)
    ストラテジー開発、トレーディング戦略、データ・マイニング、バックテスト、リアルデータを用いた仮想シナリオ
•  データ・ウエアハウス
    ハードウエアを用いたデータの圧縮、伸長、高パフォーマンスで巨大データを利用

      

対象となるユーザー企業例
データ更新頻度の高いマーケットに従事している、または、アルゴリズム取引に関わっている金融機関等が対象になります。

•  証券会社
•  商品先物・マージンFXを扱う金融期間
•  へッジファンド
•  大手投資顧問
•  アプリケーション開発ベンダー

ユーザーフレンドリーなGUIツールで低遅延、高品質の実行能力 (クリックすると拡大します)

  

プラットホームを構成する技術とコンポーネント

お問合わせ